電話占いって??

今巷で人気が出つつある電話占い。

単に占いといっても様々な占いがあるのだが、「電話占い」なんて言葉は今まで耳にした事もなく、行った事がある人に出会った事もない。

占いといえば手相を見て占ってもらったり、タロットカードで占ってもらったり、水晶玉で占ってもらったり多種多様の占いが存在する。

10数年前は自身でも簡易的に出来る「動物占い」が大流行したのが記憶に新しい。

因みに私は「虎」

リーダーシップに溢れており、兄貴的な存在との結果が出たのだが、確実に外れてしまっており、多大なショックを受けた事を今でも鮮明に覚えている。

私自身は占いを受けたことがないのだが、興味が無いのではなくきっかけが無いだけであって占いを否定するつもりは全く無い。

何かに行き詰まって、藁にもすがる思いで占いに行く人もいれば、好奇心やその場のノリで占いに行く人も多いはず。

人生の何かに悩んだ時、誰かに助けてもらいたいと思うのは人間の本能であり、それを少しでも手助けしている占い師の方々は本当に素晴らしい。

 

例えばタロット占い、この占いの歴史は非常に古いものであり、時はさかのぼり最も古い記録としては15世紀初頭のイタリアにある。

どうやら当時のイタリアでは娯楽の一つとしてタロットが使われており、それがヨーロッパに伝わり、それまでの過程で何故か「占いとして使用出来るのでは?」と解釈され色々な要素が付け加えられ、占いとして利用される様になったらしい。

そしてそれがみるみる広がって、フランスでタロットを使ったゲームが普及し、17世紀に入るとフランスの至るところでカードが製造されるようになったらしい。

これがタロット占いの起源と言われているのだが、娯楽用品が完全に占いのカードとして使われる様になったのか?

タロットカードに準えて存在する漫画もありますし、タロットカードにまつわる恐ろしい話も聞いた事があります。

何か少し危険な匂いがして、楽しそうなタロットカード。

絵柄も不気味な絵柄が多いですからね。

 

子供の頃に遊んだトランプ占いが人生で一番信用した占いだった気がします。

好きな人との相性を占い、両思いとの結果が出ればもっと好きになってしまう淡い子供心。

あの時の子供の様に占いに心踊らされ、ドキドキさせられることが大人になってもあるのは素敵な事。

占いは人々を幸せにも不幸にもする可能性のあるもの。

だからこそ人は良い結果を求めて占いに行くのではないのでしょうか。

 

 

 

 

驚異の的中率! 電話占いは幸せへの道しるべ占い師のレベルが違う!満足度No1を目指します。幸せへのプロローグは一本の電話から始まります。リピート率87%を誇る質の高い鑑定が自慢です!料金に見合った鑑定レベルと満足度が自慢です。婚活女性を徹底サポート!幸せは1本の電話から!復活愛をご希望の方には特別鑑定がオススメです!実績多数の電話占い。13年続く電話占いの老舗。電話占いならこちら